葬儀と同じく欠かせない「法要」について知っておこう

葬儀は火葬までが一つの区切りですが、そこで終わりというわけではありません。

よく「法事」「法要」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、実際は故人が亡くなった後、決まった日取りで行う儀式を法要と呼びます。

法要は一度だけでなく、何度も行います。

やはり葬儀を行う立場であれば、法要についてある程度知っておく必要がありますので確認しましょう。

▽法要とは何か

法要とは、仏教の考え方に基づき、故人が極楽浄土へ召されるようにご遺族が行う行事のことを指します。

よく「法事」と同じ意味で使う人もいますが、厳密にいえば法要はお坊さんにお経を上げてもらう行事そのものを指し、法事はその後の食事会などを含めた呼び名になります。

▽法要の主な日取り

法要を行う日として、最も有名なのが四十九日です。

故人は、亡くなってから四十九日間はあの世をさまよっていると考えられており、亡くなってから7日目に閻魔大王から極楽浄土に行くための審判が行われるとされています。

7日目の法要を初七日と呼び、四十九日と同じく重要視されています。

本来であれば四十九日までの間、7日ごとに法要を行うことが正しいとされていますが多忙な現代ではほとんど行われていません。

初七日や四十九日のことを「忌日法要」と呼びますが、年ごとに行われる法要を「年忌法要」と呼びます。

年季法要は亡くなってから1年後の一周忌、満2年目にあたる三回忌、その後は少しづつ間隔を空けて行われます。

一般的には三十三回忌で弔い上げとなり法要は終わります。