参列者は必ず知っておきたい葬儀のマナーについて

人の死というものは急にやってきます。

もし葬儀に急に参列しなければならなくなった場合、何も知らなくて焦ってしまわないように葬儀のマナーについて確認しておきましょう。

▽意外と知らない弔問時のマナー

突然のご不幸で急にお通夜に行かねばならなくなった…ということはよくあります。

特に会社帰りだと私服のまま、ということもあります。

本当に急な弔問の場合は華美なものでなければ平服で構いません。

男性の場合は、ネクタイと靴下は黒いものを調達するようにしましょう。

どうしてもお通夜に参加できない場合は、お断りの連絡を丁重に入れた上で、弔電を打ち香典は郵送で喪主の自宅に送ることがマナーとされています。

▽葬儀のマナーも気をつけよう

告別式に参列する場合のマナーもまた大事です。

服装はブラックフォーマルとされており、特に女性は簡素なパール以外のアクセサリーは避け、ブランド物などを持ち歩かないようにしましょう。

■参考:お別れの会の装いは? 大人女性が知るべき喪のマナー|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

まずは受付に赴き、喪主をはじめとしたご遺族にお悔やみの言葉述べ、香典を渡します。

香典は不祝儀袋に入れ、必ず「袱紗」で包むようにしましょう。

お悔やみの言葉は簡潔に述べ、長々話すことはNGです。

また、使ってはいけない「忌み言葉」もありますので、十分注意しましょう。

葬儀中の焼香は、宗派によって1~3回行います。

通例はご遺族に一礼した後、左手に数珠を持って右手の親指・人差し指・中指で抹香をつまみ香炉に入れます。

キリスト教の場合は献花、神道の場合は榊を供えるのが焼香の代わりとなります。

葬儀と同じく欠かせない「法要」について知っておこう

葬儀は火葬までが一つの区切りですが、そこで終わりというわけではありません。

よく「法事」「法要」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、実際は故人が亡くなった後、決まった日取りで行う儀式を法要と呼びます。

法要は一度だけでなく、何度も行います。

やはり葬儀を行う立場であれば、法要についてある程度知っておく必要がありますので確認しましょう。

▽法要とは何か

法要とは、仏教の考え方に基づき、故人が極楽浄土へ召されるようにご遺族が行う行事のことを指します。

よく「法事」と同じ意味で使う人もいますが、厳密にいえば法要はお坊さんにお経を上げてもらう行事そのものを指し、法事はその後の食事会などを含めた呼び名になります。

▽法要の主な日取り

法要を行う日として、最も有名なのが四十九日です。

故人は、亡くなってから四十九日間はあの世をさまよっていると考えられており、亡くなってから7日目に閻魔大王から極楽浄土に行くための審判が行われるとされています。

7日目の法要を初七日と呼び、四十九日と同じく重要視されています。

本来であれば四十九日までの間、7日ごとに法要を行うことが正しいとされていますが多忙な現代ではほとんど行われていません。

初七日や四十九日のことを「忌日法要」と呼びますが、年ごとに行われる法要を「年忌法要」と呼びます。

年季法要は亡くなってから1年後の一周忌、満2年目にあたる三回忌、その後は少しづつ間隔を空けて行われます。

一般的には三十三回忌で弔い上げとなり法要は終わります。

意外と知らない「香典」について確認しておこう

千葉に限らず、葬儀に参列する立場として必ず持参しなければいけないのが「香典」です。

いわば結婚式のご祝儀のお葬式版のようなお金になるのですが、意外と香典について知られていないのも事実です。

マナー違反にならないよう、香典についてもしっかり知識を学んでおきましょう。

▽香典とは何か

香典とは、不祝儀袋と呼ばれるポチ袋に現金を入れたものになります。

葬儀の際に持参して、受付のご遺族に渡すのが通例となります。

本来の香典とは故人の霊前にお供えものの代わりとして納めるものになりますが、実際は葬儀費用の足しのような意味合いも込めてご遺族に渡されるようになっています。

なお、香典返しといって、ご遺族が参列者にお返しをする風習がありますが、「半返し」として半額程度のものを送るのが一般的です。

▽香典の相場

気になる香典の相場ですが、明確な金額のマナーはありません。

ですが、親族とそうでない人との間で相場は大きく異なります。

両親が亡くなった場合の香典は5~10万円、親戚であれば1~5万円、兄弟であればその中間が相場でしょう。

なお、ご自身が喪主を務める場合は香典を用意する必要はありません。

仕事関連の人や友人・知人の場合は5000~1万円程度、ご近所付き合いのような顔見知りの関係の方は3000~5000円程度が相場とされています。

もし、お通夜や葬儀に参加できなかった場合、郵送で香典を送ることもマナー違反ではありません。

お悔やみのメッセージと一緒に現金書留で送りましょう。

※詳しい香典マナーはこちらもご参考ください:https://woman.mynavi.jp/article/180523-8/

葬儀費用は千葉と全国とでは異なる?確認してみよう

葬儀を行うにあたってどうしても考慮しなければいけないのは「費用」です。

一般的な葬儀はお通夜・告別式・火葬のため、すべてを足した額が葬儀費用になります。

もちろん予算や葬儀の規模で異なるため、料金はまちまちですが平均的な葬儀費用の額を知っておけば葬儀会社を選ぶ目安にもなるので確認しておきましょう。

▽葬儀費用の目安

平成22年度の財団法人日本消費者協会のデータでは、全国の葬儀費用の平均額は126万7,000円となっています。

一方、葬儀業者が算出した千葉の葬儀費用は平均で121万9,086円となっています。

ほんの少しですが、千葉の費用の方が安くなっています。

なお、お通夜の時の接待飲食料は含まれていませんので更に40万円ほど上乗せした価格が葬儀費用となります。

▽搬送料金に注意

葬儀費用は、葬儀会社に見積もりを出してもらい決定しますがその中に何が含まれているかを確認することが必要です。

例えば、ご遺体を搬送するための搬送料金が無料と謳っている業者には注意しましょう。

通常、ご遺体の搬送に使う車両は営業用の青ナンバーになるため、搬送料金をあらかじめ陸運局に届けています。

そのため、搬送料金無料となっている場合は、他の項目に搬送料金となる金額を上乗せして請求しているため実質無料ではありません。

このような見えにくい金額を追加されて、結果葬儀の費用が高くなってしまう恐れがあるので、見積もりはしっかり出してくれる業者に頼むのが賢明です。

千葉の葬儀は地域によってこんなに異なる!

千葉にお住まいの方は、葬儀は同じく千葉でやるのが一般的です。

ですが、千葉といえども地域によって形式や風習が異なります。

葬儀をする立場であっても参列する立場であっても、事前に確認しておく必要があります。

▽千葉の葬儀のいちばんの特徴

一般的な葬儀は、故人が亡くなってからお通夜を行い、告別式~火葬の順番で行います。

ですが、千葉では「前火葬」といって告別式を行う前に火葬を済ませます。

千葉市などの都市部では葬儀は一般的ですが、房総地域などでは前火葬を行うところが多いようです。

全国的な傾向だと東北地方の一部や沖縄などに前火葬が根付いています。

理由としては、漁師町が多いところでは漁師が一度漁に出ると長く帰って来ないため、親族がお亡くなりになった後先に火葬を済ませ、漁から戻ってきて全員が揃って葬儀を行うためという説が有力です。

なお、北東部の海匝(かいそう)地域では、お通夜の前に火葬を行うという変わった風習があります。

▽他にもこんな風習が

千葉の葬儀では地域ごとに変わった風習があります。

これは、千葉が昔からの農村が多く土着の文化が根付いているためでしょう。

通常、葬儀は故人のご遺族がすべてを取り仕切りますが、千葉には「葬式組」「班」といった町内会のような独自の組織があります。

故人が亡くなった際に、お寺と連絡をしたり「四本旗」などの埋葬品の準備を行ったりします。

このように前火葬も葬式組も、地域の結びつきが強い千葉ならではの風習といえるでしょう。