参列者は必ず知っておきたい葬儀のマナーについて

人の死というものは急にやってきます。

もし葬儀に急に参列しなければならなくなった場合、何も知らなくて焦ってしまわないように葬儀のマナーについて確認しておきましょう。

▽意外と知らない弔問時のマナー

突然のご不幸で急にお通夜に行かねばならなくなった…ということはよくあります。

特に会社帰りだと私服のまま、ということもあります。

本当に急な弔問の場合は華美なものでなければ平服で構いません。

男性の場合は、ネクタイと靴下は黒いものを調達するようにしましょう。

どうしてもお通夜に参加できない場合は、お断りの連絡を丁重に入れた上で、弔電を打ち香典は郵送で喪主の自宅に送ることがマナーとされています。

▽葬儀のマナーも気をつけよう

告別式に参列する場合のマナーもまた大事です。

服装はブラックフォーマルとされており、特に女性は簡素なパール以外のアクセサリーは避け、ブランド物などを持ち歩かないようにしましょう。

■参考:お別れの会の装いは? 大人女性が知るべき喪のマナー|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

まずは受付に赴き、喪主をはじめとしたご遺族にお悔やみの言葉述べ、香典を渡します。

香典は不祝儀袋に入れ、必ず「袱紗」で包むようにしましょう。

お悔やみの言葉は簡潔に述べ、長々話すことはNGです。

また、使ってはいけない「忌み言葉」もありますので、十分注意しましょう。

葬儀中の焼香は、宗派によって1~3回行います。

通例はご遺族に一礼した後、左手に数珠を持って右手の親指・人差し指・中指で抹香をつまみ香炉に入れます。

キリスト教の場合は献花、神道の場合は榊を供えるのが焼香の代わりとなります。