葬儀と同じく欠かせない「法要」について知っておこう

葬儀は火葬までが一つの区切りですが、そこで終わりというわけではありません。

よく「法事」「法要」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、実際は故人が亡くなった後、決まった日取りで行う儀式を法要と呼びます。

法要は一度だけでなく、何度も行います。

やはり葬儀を行う立場であれば、法要についてある程度知っておく必要がありますので確認しましょう。

▽法要とは何か

法要とは、仏教の考え方に基づき、故人が極楽浄土へ召されるようにご遺族が行う行事のことを指します。

よく「法事」と同じ意味で使う人もいますが、厳密にいえば法要はお坊さんにお経を上げてもらう行事そのものを指し、法事はその後の食事会などを含めた呼び名になります。

▽法要の主な日取り

法要を行う日として、最も有名なのが四十九日です。

故人は、亡くなってから四十九日間はあの世をさまよっていると考えられており、亡くなってから7日目に閻魔大王から極楽浄土に行くための審判が行われるとされています。

7日目の法要を初七日と呼び、四十九日と同じく重要視されています。

本来であれば四十九日までの間、7日ごとに法要を行うことが正しいとされていますが多忙な現代ではほとんど行われていません。

初七日や四十九日のことを「忌日法要」と呼びますが、年ごとに行われる法要を「年忌法要」と呼びます。

年季法要は亡くなってから1年後の一周忌、満2年目にあたる三回忌、その後は少しづつ間隔を空けて行われます。

一般的には三十三回忌で弔い上げとなり法要は終わります。

意外と知らない「香典」について確認しておこう

千葉に限らず、葬儀に参列する立場として必ず持参しなければいけないのが「香典」です。

いわば結婚式のご祝儀のお葬式版のようなお金になるのですが、意外と香典について知られていないのも事実です。

マナー違反にならないよう、香典についてもしっかり知識を学んでおきましょう。

▽香典とは何か

香典とは、不祝儀袋と呼ばれるポチ袋に現金を入れたものになります。

葬儀の際に持参して、受付のご遺族に渡すのが通例となります。

本来の香典とは故人の霊前にお供えものの代わりとして納めるものになりますが、実際は葬儀費用の足しのような意味合いも込めてご遺族に渡されるようになっています。

なお、香典返しといって、ご遺族が参列者にお返しをする風習がありますが、「半返し」として半額程度のものを送るのが一般的です。

▽香典の相場

気になる香典の相場ですが、明確な金額のマナーはありません。

ですが、親族とそうでない人との間で相場は大きく異なります。

両親が亡くなった場合の香典は5~10万円、親戚であれば1~5万円、兄弟であればその中間が相場でしょう。

なお、ご自身が喪主を務める場合は香典を用意する必要はありません。

仕事関連の人や友人・知人の場合は5000~1万円程度、ご近所付き合いのような顔見知りの関係の方は3000~5000円程度が相場とされています。

もし、お通夜や葬儀に参加できなかった場合、郵送で香典を送ることもマナー違反ではありません。

お悔やみのメッセージと一緒に現金書留で送りましょう。

※詳しい香典マナーはこちらもご参考ください:https://woman.mynavi.jp/article/180523-8/